ニオイのお悩み相談室 - WEBマガジン -

非常事態の除菌とニオイ対策

2018年9月に北海道で被災した経験から震災時に感じた「清潔を保つことの大切さ」「長引く震災のストレスをどうしたら軽減できるか」を、このWEBマガジンを通してお伝えしようと思います。

突然の揺れ。

不安で俯く女性の横顔

9月6日3時7分 北海道厚真町鹿沼 震度7、札幌でも震度5〜6弱の揺れ

地震は、いつも突然やってきます。
真夜中、突然の大きな揺れで目が覚めました。

「地震だ…大きい…」

揺れに驚きながらも、咄嗟に離れて暮らしている家族のことを思いました。揺れが収まるのを待ち、慌てて携帯を開くと電波が止まっていて、インターネットも使えない状態になっていました。幸い怪我や物の破損などはなかったものの、停電が起こりました。電気もガスも水道も信号も止まってしまい、コンビニやスーパーも営業停止。外を見れば信号が止まってしまった道路をのろのろと探ぐるように走る車…明かりを失った夜の町。いつもと違う町の姿に、不安な気持ちが募りました。

私たちの暮らしの中において当たり前になった電気やガスや水道。水が出ない、電気がつかない、火が使えない、お店の機能も止まってしまう…という突然の状況に、ライフラインと呼ばれるそれらがどれだけ大事なものであったかを思い知らされました。

9月7日

光が灯っている電球
翌日、コンビニとスーパーが簡易的に営業を再開し、食材を確保するためにお店へ行くと長蛇の列。不安な気持ちというのは伝染するんだなと思いながらも、止まっていた電気やガスはゆるやかに回復し、町としての機能はすぐに整っていきました。

当時、私は震度5の地震を経験したのですが、今回の地震は予震であり、これから本震が来るかもしれないとニュースでは言われていました。2011年に起きた3.11(東日本大震災)のときも、最初の震度5の地震は予震でしたので、しばらく警戒を怠らないようにいたしました。

数日分の食材を買い込み、ひと安心したのもつかの間のこと。次に訪れた心配は、洗濯やお風呂など衛生面に関する不安です。生命の安全に比べれば、清潔に関することは、優先度はけして高くありません。しかし、普段毎日のようにお風呂やシャワーで身を整え、洗濯をするという、当たり前のことが当たり前にできなくなると、こんなにも不安になるものなのかと驚きました。

いつもの日常を維持する大切さ

夜のコインランドリー
「洗濯ができなければ、服や寝具にスプレーをすればいい」
「キッチンでも、スプレーがあれば除菌や抗菌できる」
「手が洗えなくても、ジェルで除菌できる」
「体臭が気になってきても、ジェルで拭き取れば大丈夫」

こうして頭の中でひとつひとつ状況をイメージしすることにより「大丈夫、これがあればいつも通りの生活ができる」と安心することができたのです。

日本での生活はそこそこに平和で、食べ物は余るほどあって、どこに行っても清潔です。それが失われた時こそ、普段の暮らしがいかに穏やかで恵まれたものであるかということを実感しました。

あなたの側にいつも安心を

イオナチュレ消臭スプレーX
これらの製品の特徴や、開発者の情熱、企業が辿ってきた歴史や理念を知り、実際に製品を使わせていただくなかで、わたしはこの製品なら「心からおすすめできる良いものだから、ぜひ使ってみてほしい!」と自信を持って、大切な人たちにも伝えられるし、自分の家族にも使ってあげたい、と強く思いました。

私たちの製品は、日常的に使っていただければもちろん幸いですが、こうした有事の際の不安を解消するための安心としてもお役に立てるのではないかと改めて強く思いました。

皆さまひとりひとりの笑顔と健康のために。私たちは、これからも企業努力を続けて参ります。

関連記事

PAGE TOP