ニオイのお悩み相談室 - WEBマガジン -

妊娠すると体臭が強くなる?〜女性のニオイの悩み〜

女性は妊娠するとホルモンバランスや体質が変わり、体臭が変化する方もいらっしゃいます。妊娠中に「なんだか前より体臭が気になるかも…」と感じる女性も多いのではないでしょうか?今回は、妊娠中のニオイケアとその原因をお届けします!

妊娠によって起こる身体の変化

体温が高くなるため、汗をかきやすくなる

女性のシルエット
妊娠中は、汗をかきやすくなります。妊娠前に比べ体温が高くなることがその原因だと考えられています。体温が高くなるので、ちょっと身体を動かすだけでも汗をかいてしまいます。汗特有のすっぱいニオイや、ぞうきんのような汗のニオイは、エクリン汗腺から出る汗のニオイがもととなって、細菌が作り出した物質のニオイ。汗そのものには臭いがないのですが、汗を拭かずに放っておくことで、衣服、頭髪に染みついた汗から雑菌が繁殖しニオイが発生します。

妊娠中は、アポクリン腺の影響が出やすくなる


アポクリン腺は、肛門や耳の中、わきの下などにある汗腺で、ワキガの原因にもなったりするニオイの強い汗です。この汗腺は、妊娠中の分泌が増加傾向にあるのですが、におう汗の原因になっています。

おりものの量が増える


妊娠すると女性ホルモンの影響で、おりものの量が増加することがあります。正常なおりものは、酸性の性質のため酸っぱい臭いがしますが、気を付けたいのはおりものを放置してしまうことです。

おりものは、汗同様に長時間放置することで、雑菌が繁殖し、ニオイを発する原因になります。

おりものは膣内への細菌の侵入、増殖を防ぐといった膣内の環境を清潔に保つ働きがありますが、もしも、おりもの自体からニオイがしたり、色が通常と異なる場合は、他の病気のサインである可能性があるので、お医者様に相談しましょう。

便秘になりやすくなる


妊娠中は、お腹にいる赤ちゃんが成長することで、腸を圧迫するため腸の動きが悪くなったり、つわりによる食の好みの変化や運動不足、筋肉がゆるんで腸の動きが鈍くなる…などの原因が重なり便秘になりやすくなります。

また、妊娠中に多量に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)にも、便秘の原因があると言われます。このホルモンは、胎盤の形成や胎児の成長などを促す一方で、筋肉の壁をむくませたり、ぜん動を抑えたりする作用もあるため、腸の動きを妨げて便秘を引き起こすといいます。黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵日から生理前の期間にも多く分泌されますが、妊娠中はさらにその5倍〜10倍に増えることもあるようです。

便が腸内にたまると悪玉菌が増加してしまいます。この悪玉菌のニオイ物質が血管を流れ、毛穴から汗として排出されると体臭が強くなってしまうことがあります。

お医者様や助産師さんと相談しながら、ウォーキングやスクワット、マタニティヨガなど無理のない適度な運動やマッサージ、食物繊維を摂取する食生活を心がけてみてください!

ホルモンバランスが変化する


女性には、卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンがあります。妊娠中は、体内のホルモンバランスが不安定になりやすくなります。これらは赤ちゃんの発育やお母さんの身体の変化を促すために欠かせないことなのですが、ホルモンバランスが乱れることで体臭に変化が生じることがあるようです。

ニオイに敏感になってしまう


このように、妊娠中は様々な理由によりニオイがきつくなりやすいのですが、ニオイ自体に敏感になってしまっていることも考えられます。

特に、女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えるとニオイに敏感になってしまうそうです。これは、赤ちゃんを敵から守ろうとする本能ともいわれていますが、そのため体臭が気になってしまうお母さんも少なくありません。

また女性ホルモンのバランスが乱れることで、心身のさまざまな機能の調整をしている自律神経も乱れてしまいます。自律神経が乱れると、イライラしやすくなったり、心身ともに不調に陥りやすくなるなどの影響が出てしまいます。神経が過敏になることで、いつも以上に不快なことに対して敏感になってしまうということも考えられます。

香り成分はNG?ニオイのケアどうしよう?


体臭が気になりだすとついつい不安になってしまうものです。個人差はあるものの、女性ホルモンのバランスが戻り、体調も整えられてくれば改善していくため、出産後には症状が落ち着く場合がほとんどなのですが、それでも気になる方は、香水や柔軟剤などの香りでごまかす対策はNG。体臭を香りでごまかそうとすると、ニオイが混ざり合い、より強烈なニオイを発生させてしまいます。

ニオイを予防するためには、固く絞った濡れタオルやウェットティッシュなどで、汗をこまめに拭いて雑菌を繁殖させないことが大切です。乾いたタオルやハンカチは、汗の水分を吸収しますが、ニオイの原因になる皮脂や塩分などの成分まで取り去ることはできません。

皮膚に残った成分は、時間とともに雑菌を繁殖させ、ニオイとなって現れてしまいます。

消臭スプレーをソファにスプレーする
そんな寝具やソファなど洗濯しづらい布の消臭・除菌には、ionature《イオナチュレ》消臭スプレーがオススメです。無添加・無香料で空気に還るように安全な成分でできています。身体に有害とされている塩素系の原料も一切使っておりません。

出産後は、赤ちゃんと一緒に除菌ケアを


赤ちゃんが生まれてお母さんになった女性のカラダのホルモンバランスが整うまでに数ヶ月〜1年ほどかかります。お母さんも赤ちゃんも汗をたくさんかきますが、そのまま放置すると雑菌が繁殖します。赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなかケアしずらくなってしまうのは、仕方ないこと。どうしてもニオイが気になってしまう時や赤ちゃんの清潔を維持するために、除菌・消臭スプレーを使用すると便利ですが、市販の製品は、成分が気になるものも。赤ちゃんの肌にも負担がかからない安心安全なionature除菌・消臭スプレーで、母子ともに健やかな楽ちんケアを心がけてみてください。

関連記事

PAGE TOP