ニオイのお悩み相談室 - WEBマガジン -

もしかして気づいてない?足の臭いへの対処法

靴や靴下を脱いだときに、むわんと漂う足のニオイが気になってしまうことはありませんか?足が蒸れやすい冬や梅雨の季節にも、足のニオイは要注意。足元の消臭ケアの方法をまとめました。

足がにおう理由とは?


靴を脱ぐ小上がりのお店へ行ったときや、おうちへお邪魔したときに、思わず気になってしまうのが、ぷ〜んと漂う足の独特なニオイです。なぜ足はにおうのか?それには、ちゃんと理由がありました。

足の裏の汗腺は、背中の5〜10倍?!

足の裏は汗腺が多く、全身の中でも比較的汗をかきやすい背中の5〜10倍とも言われています。冬靴や革靴は、通気性が悪く、蒸れやすいため、足元はしっかり汗をかいてしまい、雑菌も繁殖しやすくなります。

雑菌がニオイを発生させる

汗をすぐに処理できないと、雑菌が発生します。足のニオイの原因は、納豆にも含まれている「イソ吉草酸」と、酢っぱい臭いがする「酢酸」です。足の常在菌が、汗と混ざった皮脂や古い角質、垢などの汚れを分解するとにおいの原因物質が出来てしまいます。

足の爪には垢がたまりやすい!

爪の間には、汗や古い角質が垢としてたまりやすく、放置すると独特なニオイを放ちます。特に親指の爪は大きいので垢もたまりやすいので、定期的なケアを行いましょう。

疲労やストレスからくるニオイ

足元に限らず、疲労やストレスから発生してしまうニオイがあります。緊張する場面で汗の分泌量が増えてにおってしまうということも。緊張やストレスを強く感じるときは、交感神経が優位になっています。深呼吸をして、リラックスをすることを心がけてみましょう。変なニオイがする?と思うくらい、疲労やストレスが溜まっているときは、身体がシグナルを出しているときかもしれません。働き方や休み方の見直しをしてみたり、医師への相談が必要な可能性があります。

靴の消臭対策


靴は、消臭・除菌スプレーでこまめなケアを行いましょう。足のニオイにおすすめなのは、『ionature《イオナチュレ》消臭スプレーⅠ』です。この消臭スプレーで使用されている「銅・銀・亜鉛」といった金属イオンは、足のニオイの原因となる「イソ吉草酸」と「酢酸」に高い消臭効果を発揮することが確認されています。

また、靴を寝かせることもニオイを軽減するためには大切です。毎日同じ靴を履くよりも、一日おきに交換するとさらに良いでしょう。私たちは、毎日身体を洗い、服を洗濯しますが、たくさん汗を吸い込んでいる靴を毎日洗うのは困難です。一日、汗をたっぷり吸い込んだ靴へ消臭・除菌スプレーをお忘れなく!

消臭除菌効果のある『ionature《イオナチュレ》消臭スプレーⅠ』は、

  • 足のむれたニオイ(イソ吉草酸)
  • 頑固なワキや汗のニオイ(腋臭・酢酸臭)
  • 年齢臭(ミドル脂臭 、加齢臭のノネナール)
  • 疲労によるストレス臭や尿臭(アンモニア)

などに、効果を発揮します。

におわない【理想の足先】へ


足元のケアは、こまめなお手入れが大切です。気になる方は、携帯用のスプレーでお出かけ先でも、シュッと臭いをケアしてください。繰り返し続けることで、ニオイずらくなります。靴を脱がなくてはならない場面に急に遭遇して慌てないように!

携帯サイズの『ionature《イオナチュレ》消臭スプレーⅠ・50ml』は、シンプルなデザインでカバンの中でもかさばりません。持ち歩いて、いつでも理想の足元をキープしましょう!

関連記事

PAGE TOP